葉酸と一緒に取りたい成分

葉酸について

葉酸の成分

葉酸とは、ビタミンB群の一種で、たんぱく質や核酸の再生を助ける働きがあります。葉酸は、水に溶けやすい水溶性ビタミンであるため、体内で貯蓄されにくいため毎日の摂取が必要不可欠です。この葉酸は胎児の成長にとっても必要とされる成分で、適切な量を摂取することで、胎児の成長に異常をきたす神経管閉鎖障害を高い確率で予防できます。

鉄分

妊娠中の女性の場合は、普段よりも体内をめぐる血液の量が多くなると共に、赤ちゃんに優先的に鉄分が回されるため、鉄分が不足しやすいです。鉄分が不足してしまうと赤血球の働きが落ちると鉄欠乏性貧血となり、全身が酸欠状態となってしまいめまいや頭痛、急なたちくらみなどが起きてしまいます。貧血を甘く見ている方がいますが、貧血が続くことで異食症といった症状を患ってしまう可能性があるので気をつけましょう。

ビタミン

妊娠中の健康維持や赤ちゃんの発達をサポートするといわれるのがビタミンです。ビタミンを効率よく摂取することで、赤ちゃんの正常な発育を助け、妊婦さんが出産まで元気に過ごすことができるようにサポートしてくれます。食事でもビタミンを効率よく摂取することができますが、栄養バランスが崩れてしまった場合にサプリで補うとよいです。その結果、胎児に負担をかけずに出産することができるでしょう。

カルシウム

カルシウムは、赤ちゃんの歯や骨を形成したり、血液の成分や筋肉、ホルモンの正常な分泌などに必要な成分です。妊娠中にカルシウムが不足してしまうと、直接赤ちゃんには影響はありませんが母体の歯や骨がもろくなってしまったり、閉経後に骨粗しょう症になってしまうリスクを高めてしまうケースがあるので、カルシウムの摂取が必要となります。