環境作り

妊活中に知ってほしいこと

喫煙・飲酒

妊娠する体を整えるためには、過度の飲酒はよくありません。また、喫煙の場合であれば、血管を収縮させ、体を冷やす作用があるため、控える必要があります。喫煙の場合では精子の運動量の低下や奇形などを招く可能性もあるため、妊娠を考える3ヶ月程度前から、喫煙を控えたほうがいいといわれています。

体の冷え

体の冷えがあることで、精子や卵子の質や子宮の動きが低下してしまうケースがあります。体の冷えを無くすために、バランスの良い食事を摂ったり、お風呂にゆっくり浸かったりして生活習慣の改善を心がけましょう。そうすることで、妊娠しやすい体質を作ることができます。

運動不足

運動をすることで、筋肉をはじめとする様々な細胞やホルモンを活性化させることができます。運動が難しい方でも普段よりも多く歩いたり、寝る前にストレッチするだけでも変わるのでぜひ挑戦してみましょう。体に負担のかからないものを生活の中に取り入れていきましょう。